システムエンジニアです、最近ヒマが多くなっています。


by bqq2wakfyc

カテゴリ:未分類( 38 )

 大阪市のホテルで、営利目的で覚せい剤を所持したとして、大阪府警は8日、覚せい剤取締法違反容疑の現行犯で、バレーボールの元全日本代表選手、高橋智則容疑者(36)=同市中央区高津=を逮捕した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
暴力団会長、生活保護費を不正受給=466万円詐欺容疑で逮捕
女性検察官、公判に遅刻=4月にも口頭注意
「通訳が誤り」、一審破棄求める=裁判員裁判で実刑、控訴審
覚せい剤容疑で医師を逮捕=兵庫県警

口蹄疫 菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
「大バカ」火消しに躍起 首相が官僚ヨイショ(産経新聞)
<日進市>障害者の報告書回収へ 意見集約で不適切処理(毎日新聞)
首相の所信表明演説、11日を提案…与党(読売新聞)
<雑記帳>人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-06-15 20:36
 東京の風情と歴史を楽しみながら歩く「産経大江戸ウオーク 幕末・龍馬が駆けた江戸」(主催・産経新聞社、共催・メタボリックシンドローム撲滅委員会)が29日、千代田、中央、港区内の史跡などを巡る約12キロのコースで行われ、ウオーキング愛好家ら約530人が心地よい汗を流した。

 今年は幕末の風雲児、坂本龍馬がテーマ。午前9時すぎ、日比谷公園を班ごとにスタート。銀座を経て、龍馬が剣術修行のおりに寄宿した築地の土佐藩邸跡(中央区役所)や千葉定吉道場跡などを巡り、彦根藩主、井伊直弼屋敷跡の憲政記念館では龍馬の息遣いが感じられる薩摩、長州両藩の軍事同盟の裏書きなどについて説明を受けた。

 午後からは龍馬の人生を大きく変えた勝海舟邸跡、桜田門外の変で水戸藩浪士らが集結した愛宕神社など回り、浜離宮恩賜庭園にゴールした。

 長男に誘われて参加した江戸川区の主婦、平川祐子さん(51)は「歩きながら息子とゆっくり話ができて楽しい一日でした」と話していた。

「篤姫」出演の俳優が幼稚園に放火(スポーツ報知)
タクシー火災 後部座席に男性遺体 身元確認急ぐ 神奈川(毎日新聞)
口蹄疫 赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ (毎日新聞)
駐車場で男性2人刺される=殺人未遂で男を逮捕―大阪府警(時事通信)
<鈴木俊一さん都葬>石原知事「東京を世界都市に雄飛」(毎日新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-06-04 13:21
 津浦嵩さん75歳(つうら・たかし=元住友商事副社長)19日、肝不全のため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻迪子(みちこ)さん。

「宝くじ販売停止」ヤジと拍手わく興奮状態(産経新聞)
連立離脱は時期尚早=社民・阿部氏(時事通信)
両陛下が帰京=静岡では療養所を訪問(時事通信)
相撲協会、やまぬ不祥事 体質改善疑問(産経新聞)
<福岡県議会>議長に全国初の女性(毎日新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-05-27 23:08
 財務省が13日発表した2009年度の国際収支速報によると、海外とのモノやサービスの取引状況を示す経常収支の黒字は前年度比26.9%増の15兆6545億円となり、2年ぶりに黒字幅が拡大した。
 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は6兆6088億円の黒字、海上輸送なども含めた貿易・サービス収支は4兆7784億円の黒字。投資収益など所得収支の黒字は11兆9553億円だった。
 同時に発表した3月の経常収支の黒字は、前年同月比65.1%増の2兆5342億円となり、8カ月連続で前年水準を上回った。 

“幽霊ホテル”やっと姿消す…19年野ざらし(読売新聞)
JR西、新型車両を公開=安全性重視の構造―福知山線事故の教訓生かす(時事通信)
<覚せい剤所持>京大生に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
三社祭 「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)
<普天間移設>平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問(毎日新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-05-19 03:22
 日本三大八幡宮の一つ、石清水(いわしみず)八幡宮(京都府八幡市)は、鎌倉時代の制作とされる曼荼羅(まんだら)「篝火御影(かがりびのみえい)」を9日から一般公開。同宮に残る江戸時代の古文書に、中国の元が襲来した弘安の役(1281年)で本殿に掲げ、亀山上皇らが敵の降伏を祈願したと記録されており、同宮は「祈願に使われた実物の可能性が高い」としている。

 「篝火御影」は縦約84センチ、横約46センチの絹地で、掛け軸になっている。同宮に付属する大乗院に保管されていたが、幕末の「鳥羽伏見の戦い」で行方不明となった。07年8月、同宮敷地内の若宮社内で見つかり、修復作業をしていた。

 曼荼羅には、中央上部に八幡神(応神天皇)が袈裟(けさ)を掛けて座り、剣と印板らしきものをかざす姿が描かれている。左右には仏を守る8神などが居並んでいる。額装から鎌倉時代の制作とみられ、室町時代の1431(永享3)年に大乗院に寄進されたとの裏書きがある。

 同宮社務所書院で23日まで一般公開する。【玉置勝巳】

【関連ニュース】
山口市・月輪寺:重源上人の焼き物完成 5日に供養祭
東寺:「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査
法政大:入試で出題ミス 日本史の設問に正答なく
142年ぶり、神職と僧侶が一緒に法要 京都・石清水八幡宮

パロマ事故で元社長ら有罪判決(産経新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
本人+替え玉=双方に似る、中大入試で合成写真(読売新聞)
富士芝桜ようやく見ごろ 春のいたずらが幸い(産経新聞)
「3800万円売り上げた」 風俗嬢とのわいせつ行為、自作DVDで販売した男逮捕(産経新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-05-12 01:48
 政府が普天間飛行場移設問題で新たに提案する米軍キャンプ・シュワブ沖合の浅瀬案は、米側の理解が得られやすい半面、県外、国外移設を強く主張する社民党などの猛反発を招くことは必至。場合によっては同党の連立政権離脱もあり得る。また、県外移設を公言してきた鳩山由紀夫首相の責任問題が浮上することも避けられない。浅瀬案は軍事的には有望な案だが、政治的には政権の基盤を揺るがしかねない危険性をはらみ、政局流動化の発火点になる可能性がある。

 普天間問題では、これまでにさまざまな移設案が次々と浮上しては消えていった。その背景には、米国、移設先住民、連立与党のそれぞれの意向をすべて満たすことが困難だという問題がある。そうした中で、首相は公約どおりに県外移設の道を模索してきた。だが、今回、苦肉の策として登場した浅瀬案は、これまで与党の意向を重視してきた首相が日米同盟を重視する姿勢に大きく路線転換することを意味する。

 「『どうせ鳩山なんだから、できないだろう』とメディアが書いているが、心配なさらないで結構です」

 16日、自身の後援会関係者と会った首相は胸を張った。さらに、「普天間なんて知らなかったでしょ。それが国民の一番の関心事になること自体、メディアがいろいろ動きすぎているな」とマスコミに責任転嫁して余裕をみせた首相だが、浅瀬案が首相にとって危険な綱渡りであることは間違いない。

わいせつDVD3万枚押収 男3人逮捕(産経新聞)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
舛添氏、23日に新党旗揚げ=22日離党届(時事通信)
【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)
【風】結婚、出産、育児 広がる価値観(産経新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-04-24 17:55
 アスベスト(石綿)粉塵(ふんじん)の対策が不十分だったため、石綿肺や肺結核にかかったとして、車両部品製造会社「渡辺工業」(大阪府和泉市)に、元従業員の松本ケイ子さん(80)と長女(63)が計3630万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は「自らの仕事を犠牲にして、寝たきりの母親の介護を余儀なくされた」として、介護していた長女への慰謝料110万円を含め、計2400万円の支払いを命じた。

 弁護団によると、アスベスト関連訴訟で介護に対する慰謝料が認められたのは初めて。

 判決によると、松本さんは同社で昭和39年から約21年間勤務し、車両のクラッチ部品を削って研磨する作業に従事。部品には石綿が含まれ、研磨の際、石綿粉塵が飛散していたが、同社は石綿の危険性の告知やマスク着用を指導していなかった。

 長女は石綿肺などにかかった松本さんの介護のため、1年の3分の1以上、欠勤や遅刻せざるを得なくなり、平成20年7月に勤務先を依願退職した。

 判決後に会見した長女は「渡辺工業は、判決を真摯(しんし)に受け止め、母が亡くなるまでに1日でも早く謝罪してほしい」と訴えた。 

 松本さんは泉南アスベスト国賠訴訟の原告も兼ねており、同訴訟は来月19日に判決が言い渡される。

 渡辺工業の話「被害者には治ってほしいが、石綿被害は国の長年の対応の不備が原因。経済成長を優先させ、国が大企業の声に耳を傾けたことで規制が遅れた。正しい情報が早く伝わらなかった労働者や小企業は共に被害者で、健康被害の責任の大部分は国にある。国の責任こそ明らかにすべきだ」

【関連記事】
京都の建設労働者がアスベスト被害者の会設立へ
石綿禍、2審も原告勝訴 近鉄に賠償命令
四輪バギーにアスベスト スズキが回収へ
「石綿で死亡」と四電を提訴 遺族が3300万円の損害賠償求める 高松地裁
石綿肺発症を初確認 クボタ旧神崎工場周辺の住民

出頭の母、長男殺害容疑で逮捕=車内に8歳男児−福島(時事通信)
民主内で消費税巡る議論、参院選の争点に?(読売新聞)
警察庁長官 北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(毎日新聞)
堺の男児虐待死、同居男「ぐずり泣き、イライラした」(産経新聞)
福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-04-22 00:03
 室町幕府初代将軍の足利尊氏が戦に敗れて逃げ込んで以来閉ざされたままで「不開門(あかずのもん)」とも呼ばれる世界遺産・東寺(京都市南区)の重要文化財「東大門」が約400年ぶりの修理を機に開扉され、14日、門前でおはらいの法要があった。

【写真特集】銀閣寺:修復完了 渋い輝き戻る

 東大門は鎌倉時代前期建立で高さ8.7メートル、幅11.6メートル。1336年、新田義貞に敗れた尊氏が東寺の本陣に逃げ込んだ際、東大門を閉じて追撃を防いだ。これまで15世紀前半の台風と1605年の修理以外開いたことがない。しかし、屋根などの傷みが激しく、京都府教委が他の建造物と共に約3億円かけて補修することになった。

 この日は08年12月の仏像盗難事件(解決)を受けて整備された防犯カメラや赤外線センサー設備の除幕式もあった。【熊谷豪】

【関連ニュース】
【写真特集】なぜ?平泉、世界遺産「登録延期」勧告
【写真特集】「アシュラー」に「仏像ガール」 広がる仏像人気
平等院鳳凰堂:壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査

中垣喜彦・石炭エネルギーセンター会長 日本の石炭火力技術で温暖化対策に貢献を(産経新聞)
兜町の覆面強盗3人逮捕(産経新聞)
ISS 女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録(毎日新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-04-20 00:51
 6日午後11時ごろ、福岡市東区東浜の西部ガス関連のビル従業員から「数発の発砲音がした」と110番があった。福岡県警東署員が駆け付けたところ、ビル2階の玄関付近に弾痕が見つかった。けが人はいなかった。同署は発砲事件として調べている。
 同署によると、紺か黒色のウインドブレーカーを着て白いヘルメットをかぶった不審な人物が、原付きバイクで逃走するのを従業員が目撃していた。
 西部ガスは「発砲の事実は確認しているが、詳細などは分からない」としている。ビルは子会社の西部ガス興商が所有。ガス管保全や設備点検の関連会社が入居しているという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし
拳銃と実弾42発、山中で発見=強殺未遂事件で逮捕の男供述
強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲
シー・シェパード活動家を起訴=傷害罪も、犯意否認

千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)
<ジャンプW杯>欧州遠征終え岡部帰国 現役続行に意欲
関西情報誌無くなる!? 「1週間」「エルマガ」「ハナコ」休刊(産経新聞)
<鉄道事故>女児がJR奈良線の列車にひかれ死亡 京都(毎日新聞)
<与謝野・平沼新党>鳩山邦夫氏外れる 5人で発足(毎日新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-04-13 01:48
 全国でも珍しい知的障害者の和太鼓プロ集団「瑞宝太鼓」(長崎県雲仙市)が、結成10年目を迎えた。約6年前から少年院などでの慰問公演を続け、更生を誓う感想が多く寄せられている。メンバーは「もっとみんなの前でたたきたい」と意欲を燃やしているが、ボランティア公演を本格化させるには資金が必要だ。引きこもりや虐待などに悩む子供たちに向けての公演も開きたいと、各地の公演で募金を呼び掛けている。

 瑞宝太鼓は87年、社会福祉法人「南高愛隣会」(同市)の職業訓練施設を利用する知的障害者のクラブ活動として始まり、01年にプロ活動に転向。現メンバーは20〜35歳の男性6人で、公演活動などによる収入で月給をもらい、グループホームなどで暮らしている。

 全国公演はこれまで1000回近くに上る。総観客動員数は約34万人。少年院や刑務所などの矯正施設への慰問は03年12月から約6年間で55カ所に上り、メンバーの元には多くの感想が届いた。

 「心の歌を聴き、自分自身の心の弱さを恥じた」。17歳の少年は感想にそう記した。さらに「自分の存在を認めてほしいと思い、人と群れ、心を見失い、非行をした」と振り返り「僕は僕らしく、前を向いて胸を張って本気で生きていきたい」と更生を誓っている。同じクラスの障害児をいじめた経験を告白した19歳の少年は「心の中の汚い部分を太鼓の音が飛ばしてくれた」とつづった。

 これまでは一般公演先の最寄りの少年院を訪れていた。だが、慰問先が限られているため、評判を聞いた少年院からの依頼を断ることもあったという。そのため、一般公演先で慰問公演のための募金を始めた。

 2月22日、東京都世田谷区の北沢タウンホールであった東京公演。長年、瑞宝太鼓を支援する都内のNPO法人「生きる意味研究所」の主催で、メンバーの豊かな表情と一糸乱れぬバチさばきに、満席の会場は大きな拍手で包まれた。

 公演後、会場出口では団長の岩本友広さん(33)らが募金を呼び掛けた。「僕らは字を書くことや計算が得意ではないけれど、太鼓が大好き。そんな姿を見てほしい」と岩本さんは話した。

 公演予定や募金などの問い合わせは、瑞宝太鼓事務局(電話0957・77・3934)。【松本光央】

【関連ニュース】
重度障害者:脳波で意思表示 産総研が開発
障害者雇用:法定雇用率を大幅に下回った7社を公表
坂田賞:毎日新聞の点字報道に
点字ブロック:発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ

【視点】長官銃撃の捜査結果 まずは捜査「完敗」の検証(産経新聞)
日本人の死刑執行さらに3人、中国が通告(読売新聞)
民主、競輪トップ選手の長塚氏を参院選候補に擁立へ(スポーツ報知)
証拠ないのに発表、違和感…銃撃事件で元長官(読売新聞)
光明皇后しのび 法華寺で大遠忌(産経新聞)
[PR]
by bqq2wakfyc | 2010-04-08 02:04